<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年4月26日坂下教会礼拝メッセージ

2015年4/26礼拝説教「救い」マルコ10;17~31

 今日も引き続き、マルコによる福音書を読んで行きます。ところでわたしの神学校での卒業論文は、「救済論」でした。つまり「救い」とはいったい何かということをテーマとしたのです。その論考を進める上で、わたしは滝沢克己という神学者を手懸かりとして進めました。

 滝沢克己という人は、1960年代から70年代にかけて活躍された方です。でも、その考え方が正統的なキリスト教からすると外れていたため、その当時はもちろん、今でも大きな支持を受けてはいません。

 滝沢が訴えたことの根本は、インマヌエル。神われらと共にいますということです。これが私たちの人生を支える根源だと説いたのです。とてもシンプルなのです。聖書に基づいています。さらに、滝沢が伝えたことは、神と私たちとの関係は、不可同(同じではない)・不可分(分けられない)・不可逆(逆にできない)と説いたのです。

 さらに詳しくいいますと、「不可同」というのは、神と私たちは同じではないということです。これまでの歴史では、神と人とが同じという事例があまたありました。古代では、王様は神でした。戦前戦中の日本でも、天皇が「現人神」すなわち神でした。このように、この世のある存在を神とすることは誤りであり、世の中を悪い方向に誘ってしまう可能性があるという意味で「不可同」なのです。神と私たち被造物とは、絶対に同じではないということなのです。

 次に「不可分」です。これは、神と私たちとは分けることができないということです。私たちの通常の理解は、神と私たちとが断絶している。神様というのはどこか遠くに存在しているとイメージします。しかし、神と私たちとは絶対に離れていない。私たちを常にもっとも身近で支えているというか寄り添っている。それが「不可分」です。まさに「神われらと共にいます」なんです。


 最後に「不可逆」です。これは、私たちから神へ到達することはできないということです。救いにしても、恵みや祝福にしても、私たちの努力や身分など、私たちが持っている要素に根拠があるのではなく、神から一方的に与えられるということでなのす。したがって、修行を極めれば悟りにいたる、つまり人間の努力や能力、資質を重んじる考え方は否定されます。

 今述べた事ついては正統的キリスト教が伝えてきたことと何ら変わりません。しかし滝沢は、これに留まらなかったのです。それは、イエスにおいてこのことが顕わになったという正統的キリスト教に対して、イエスでなくてもインマヌエルは顕わにされたのだと説くのです。

 たとえば、仏教の開祖である仏陀においてもインマヌエルが顕わにされたと説くのです。これが正統派からすると受け入れられないのです。なぜなら、キリスト教だけが絶対に正しい宗教とは言えなくなるからです。もっともこのことは今後も結論が出ることはないと思います。要は、インマヌエルはイエスにおいてのみ顕わになったのか。それとも他の場合もあるのか。どちらかを信じるしかありません。信じるということは、基本的に私たち人間の行為です。したがって絶対ではありません。その意味でどちらが正しくてどちらが間違いだとは言えないのです。


 さて、今日の箇所を読み進んで行きたいと思います。イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、跪いて尋ねたとあります。この人はどんな人かといえば、小見出しにあるように「お金持ちの青年」でした。平行箇所のルカによる福音書では、ユダヤの議員となっています。つまりこの人は裕福で優れた人です。当時のエリートです。世間的には欠けたところがない人です。


 でもこのような恵まれた人がイエスに尋ねるのです。それもわざわざ跪いてというのですから、余程のことです。その願いとは、永遠の命を得るには何をすればいいのでしょうか?ということだったのです。

 永遠の命とは何でしょうか?私たちは通常、永遠の命と言ったら、いつまでも生きられること。すなわち、肉体の死をもってしても終わらないと理解します。それは、死を克服するわけですからありがたい理解です。ただし聖書では、永遠の命とは時間的な概念ではありません。未来永劫いつまでも生きるということではないのです。命と訳されている言葉は「ゾーエー」といいます。これは質的な命、本質的な命ということです。いつの世にも変わらない命だということです。生き生きとした輝いている状態ともいえます。もう少しいえば、今ここで、この瞬間に、神の思いに生きるということです。ただしここでは、永遠の命自体が主題ではありません。ともかくどう解釈しようが、人が望む最高のものと捉えていいのではないでしょうか。

 イエスはこの青年に対して、律法の掟を告げます。永遠の命を得たいのなら、律法の掟を守ればいいじゃないかというのです。ユダヤ教の教えに基づいて答えています。

 すると青年は言います。そんなことは子どもの頃から既に行っていますと。この人は完璧なのです。ユダヤ教において模範的な人なのです。すると、イエスは、こんなことを言います。財産を売り払って貧しい人たちに施せと勧めるのです。何もかも棄てよというのです。すると、彼は彼は悲しみながら立ち去るのです。たくさんの財産を持っていたからだというのです。そんなことできるわけがないということです。


 皆さんはどう思うでしょうか。彼はこれまで一生懸命頑張って今の立場を築いたのです。その御陰でかなりの財産も持てたのです。そんな人に向かって、これまで築きあげてきた財産をすべて施せというのです。一文無しになれというのです。私だったら、やはりこの青年と同じく、そんなことはできないと立ち去ると思います。それが常識的な思いではないでしょうか。

 私はここで孔子の言葉を思いました。「吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(みみした)がう。七十にして心の欲するところに従って、矩(のり)を踰(こ)えず」。

 現代語にします。私は十五歳で学問を志した。そして三十歳で一本立ちした。四十歳であれこれと迷うことがなくなり、五十歳になると天が命じたこの世での役割と自らの限界を知った。そして六十歳になったときには、人の言葉を素直に聞けるようになった。七十歳になると、自分の思い通りにふるまっても道に外れることはなくなったということです。

 今日のこの青年が幾つなのかはわかりませんが、孔子の言葉から言うと、四十代から六十の代の間を彷徨っています。一番最高のものを得たい。そのためにはどうしたらよいのだろうか。まさに迷っています。この世での自分の役割、それもわかっていません。そしてイエスの言葉も素直に聴いていません。

 孔子の言葉からいえば、この人は悟っていません。では、我が身を振り返るとどうでしょうか。この人を笑えるでしょうか。愚かな奴だと言えるのでしょうか。言えません。これが私たちのほんとうの姿ではないでしょうか。ここにいる私たちは、信仰に生きています。ほとんど毎週礼拝にも参加します。しかし、だからといって信仰の確信があるといえるのでしょうか。信仰者として相応しい言動を行っているでしょうか。自信はありません。その意味で、この青年のように迷いつつ不確かに生きていると思います。


 私たちは、幾つになっても、孔子の言葉にあるような理想通りには行かないものです。それどころか、死を迎えるそのときまで、迷いつつ、躓きながら生きる者といえるかも知れません。この後イエスは、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しいと言います。凄いことを言うもんです。絶対にあり得ない事です。神の国に入るとは、要するに、救いを自力で得るということは、ほとんど不可能なことだと言いたいのではないでしょうか。


 そもそもこの青年、永遠の命を受け継ぐには何をすればいいのでしょうかと尋ねました。どうすれば最高のものを得られるのでしょうかと。突き詰めれば、どうすれば救いを得られるのですか。そう尋ねたわけです。しかし、どんなに優れた人であっても、どんなに高潔な人であっても、どんな人格者であっても、ましてや、迷いながら、躓きながら生きる私たち凡人にとって、自力で救いを得られるなどあり得ないということではないでしょうか。

 ですから弟子たちは、では、いったい誰が救われるのだろうかとつぶやくのです。イエスは言います。「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ」。つまり救いとは、神から一方的に与えられることだと伝えているのではないでしょうか。

 であるならば、私たちがとるべき態度とは何でしょうか。それは、すべて神にお委ねること、お任せ切ること。それ以外の何ものでもないと思います。もう少し言えば、救いとは、私たちがどうであるとか、何をしたとか、どう考えているとか、そういったこととはまったく関係なく、無条件に、一方的に神から与えられる恵みなのだ、だから迷いがあっても、躓いても、愚かでも構わないのだ。そこをわかってほしい。それがイエスからのメッセージだったのではないでしょうか。


 先週の週報「今週の糧」に引用した星野正興牧師の言葉を改めて読みます。「今日も窓の外に風が吹いている。木の葉や草はその風になびいている。肩肘張らず、強がらず、小さな葉のまま、細い草のまま風になびいている。ありのままの姿でごまかさないで風になびいている。我々よりずっと、ごまかされない方をおぼえて生きている」。

 ここで「風」とは神を意味します。つまり、私たちを生かし支える根源である「神」にすべて委ねなさいということです。もっとも、すべて委ねるなど私たちにはできません。それほどの信仰を持っていません。しかし、にもかかわらず、私たちは支えられ、生かされ、死後も導かれている。そうしてくださる方と一緒に生きている。そこにこそ、ほんとうの救いがあるのではないでしょうか。そう信じられたら、なんと幸いではないでしょうか。


[PR]
by buku1054 | 2015-04-27 11:27 | 礼拝メッセージ | Comments(0)

2015年4月12日坂下教会礼拝メッセージ

2015年4/12礼拝説教「受け入れる」マルコ10::13~16

 先月、教区の「障がい者と教会」の岐阜地区集会で、臨床心理士の川浦弥生さんという方を講師に招きました。川浦さんは東京生まれですが、30年間、沖縄のいくつかの離島で主に子供たちの心のケアにあたってきた方です。現在牧師になるため農村伝道神学校に在学中の神学生でもあります。

 講演の中で、川浦さんがこんなことを述べていました。自分が臨床心理士になった動機は、幼い頃に母親からいわれてきた言葉にあったというのです。それは、「あんたなんか、生まれてきて欲しくなかった」という言葉でした。川浦さんはその言葉に深く傷つき、自分は必要のない人間だと思うようになったといいます。だから自分は、人の必要になるような仕事をしたいと考えるようになり。その結果、臨床心理士になったということでした。

 川浦さんは能力もあり、努力もしたのでしょう。心の傷をなんとか乗り越えることのできた方ですが、同じような惨いことを言われ、人生が狂ってしまった人はたくさんいるのではないでしょうか。

 さて、先週はイースターでしたので、それに相応しい箇所を選びました。したがって、継続して読んでいるところから離れましたので、今日は継続中の続きを読み進んでみたいと思います。今日の箇所は、小見出しに「子供を祝福する」とありますように、イエスが子供を祝福することについて記されたところです。この箇所は、教会では、子供祝福式や子供との合同礼拝の際、よく取り上げられる箇所です。


 ここで、人々が子供たちをイエスの元に連れてきます。触れてもらうためとあります。「触れていただくため」とは、神の祝福を受けるためということです。イエスの噂を聞いた親たちが、子供たちに祝福を授けてもらいたいということです。


 なぜでしょうか?イエスは救い主だという評判が広まっていたからでしょう。この世を超えたすごい方だからということなのでしょう。ただしここで、イエスは愛の方だから、救い主だから、だから小さな子供を受け入れたとするだけでは大事なことを見落としてしまうと思います。ここはそう単純にやり過ごしてはならないと思います。

 その理由は、この場所が、ヨルダン川の向こう側、ペレア地方だったというところにあると思いました。前回も述べましたが、ここはヘロデ・アンティパスが統治したところであり、ファリサイ派の勢力強い地域でした。今日の箇所では、特にファリサイ派の勢力の強さがこの物語の重要な鍵ではないかと思ったのです。ファリサイ派は、律法を厳格に遵守する人たちです。そのことが神の祝福を受ける根拠だと信じていた人たちです。

 当時、子供の存在価値はたいへん低いものでした。今のように子供の人権といった考え方は皆無です。人として価値があるのはユダヤ教徒、それは男性に限られたわけです。女性や子供、病人や障がい者、また律法を守れない人たちは神の祝福の対象外だったのです。

 ただし辛うじて男の子は別でした。男の子はユダヤ教の将来の担い手です。幼い頃からシナゴークで律法教育を受けさせました。そのことそのものが、が神の祝福だったのです。

 したがって、神の祝福の対象外は、子供に限っていえば、女の子、病気の子供、障がいの子供だったのです。こうした者たちは、神の祝福の外側に置かれた者たちだったのです。

 このような当時の時代背景を踏まえると、ここで親が連れてきた子供たちは、女の子、病気の子供、障がいを持った子供だったと言えるのではないでしょうか。さらにいうと、こうした子供たちをイエスの元に連れてきた親とは誰か。それは、母親だったと思うのです。

 おそらく次のような状況を想像します。神の祝福を受けられるのは、五体満足の男の子だけ。女の子をはじめ、それ以外の子供を持った母親たちは、親の素直な願いとして、その子たちにも神の祝福があってもいいではないか。そう思っていたはずです。しかし、夫や父親たちは耳を傾けない。取り付く島がない。そこで、母親たちが意を決して、一致団結して、当時のタブーを冒して、イエスの元へやって来たのではないか。わたしはそう思うのです。

 しかし、そんな母親の思いに気がつかない。それが弟子たちだったのです。彼らはユダヤ教徒です。男性です。神の祝福は男性にのみにあると刷り込まれていた者たちです。ですから、弟子たちはこの者たちを叱ったのです。おそらく彼らはこう思ったはずです。「お前たち、いったい何を考えているんだ。女、子供の分際で。常識外れも甚だしい。さあ、帰れ、帰れ。お前たちの相手などしている暇はないんだ」。

 すると、弟子たちの行為に対して、イエスは憤るとあるのです。ここは訳が弱いと思います。イエスが「憤った」という言葉は、原文では激怒する。激昂するという意味の、とても強い言葉なのです。つまり、このような子供たち、すなわち、ユダヤ教の基準からしたら、神の祝福から弾かれた者たちを受け入れなくては、神の国に入れない。神から認められない。イエスはかなり激しく弟子たちに説くわけです。

 話は変わりますが、ここで子供を巡る一つの物語をご紹介します。神戸市東灘区にあるYKK六甲株式会社で社長を務める江口敬一さんという方がいます。江口さんはアメリカ西海岸にあるYKKのシアトル支社に勤務していました。シアトル市内の病院で、次男・裕介さんが生まれました。

 しばらくして医師から裕介君の思いがけない診断結果を知らされました。裕介君は、染色体検査の結果、ダウン症であること、そして知的障がいもあるという内容でした。江口さん夫妻は大変なショックを受け、すぐには言葉が出ませんでした。体中の力が抜けた感じだったそうです。

 しかし、この医師は医学的な診断結果の説明をしただけで会話を終わりにはしませんでした。ショックで今にも倒れそうな江口さん夫妻の心を支えて、こう続けたというのです。「あなたがたは、障がいをもった子供を立派に育てられる資格と力のあることを神様が知っておられて、お選びになったご夫婦です。どうぞ愛情深く育ててあげてください」と。

 江口さん夫妻はこの言葉で我に返りました。この子を自分たちが育てなくて、誰が育てられようか。この子の親として選ばれたからには、愛情をこめて育てなければならない。医師が言ってくれたように、自分たちには力があるはずだ。可愛いこの子のためなら、できないことはない。

 江口さんご夫妻は、医師の言葉によって勇気づけられ、思い直すことが出来たのです。裕介君は養護学校高等部を卒業した後、ホームヘルパー2級の資格を取得し、現在は東大阪市内の高齢者デイ・サービス・センター「アンデスのトマト」に就職し働いておられます。


 イエスは、子供がわたしのところにくることを妨げてはならないと語りました。わたしたちはさまざまな命の状況、さまざまな命の形を持ってこの世に神が送り出される存在と出会っていきます。

 しかしながら、時にその違いをもった命に対して、その存在をそのまま自らの所に抱きとめるのではなくて、受けとめるのではなくて、招くのではなくて、拒絶したり、絶望したり、あきらめるということがあるのではないでしょうか。

 わたしたちの意識の中に、思いの中に、子供がそのままの姿でこちらに来ることを拒否する、受け止めることができない、どこかで子供の状況を否定しようとする思いが働くことがあるのではないでしょうか。


 江口さんの次男裕介君をこの世に迎えるときに立ち会った医師は、両親の心に向かって語りかけました。この医師の言葉あなたがたは、障がいをもった子供を立派に育てられる資格と力のあることを神様が知っておられて、お選びになったご夫婦です。どうぞ愛情深く育ててあげてください」は、「あなたがたは、子供がわたしのもとに来るのを妨げてはならない」というイエスの言葉に重なっていたことを感じるのです。

 前回の話の中で、わたしたちの出会いと関係は、神が結び合わせてくださったものだと述べました。わたしたちの思いや願いを遙かに超えた働きがあるのだということです。それは、わたしたちの思いからすれば、願いからすれば、受け入れたくはない、拒否したい。そんな出会いや関係も然りなのです。

 わたしたちにそれぞれ与えられている出会いや関係は、神があなたにはこのことを担っていくことが出来るということを知った上で、わたしたちに与えて下さっているのだということを信じたい。それを忘れずに、向き合い、受けとめる者でありたい。そう思います。

 「子供をわたしのところに来させなさい。妨げてはならない」。イエスのこの言葉は、神がその子を選び、そして送って下さっているのだからという意味ではないでしょうか。このイエスの言葉を素直に信じて受け入れること。それがわたしたちに託されたことではないでしょうか。


[PR]
by buku1054 | 2015-04-12 12:39 | 礼拝メッセージ | Comments(0)

2015年4月5 日坂下教会礼拝メッセージ

2015年4/5礼拝説教「包み込んだ」マルコ16:9~11

 2015年度の最初の礼拝がイースターとなりました。キリスト教にとってもっとも大切な事柄、それがイースターです。イエスが復活されたということです。イエスの復活がなかったとしたら、キリスト教は起こらなかったのです。つまり教会という存在もなかったのです。したがって、わたしたちの存在もなかったのです。その意味でもっとも大切ななこと、それがイースターなのです。

 しかしこの復活、なかなかよくわからないと言えます。クリスマスのように、イエスが誕生したというハッキリとした歴史的事実ではないので、そう思われてしまうのではないでしょうか。ですから、長らく信仰生活を送ってきた方でも、はっきりと、復活をわたしは信じます。復活とはこういうことです。そんなふうに自信に満ちて言える方はそう多くないように思います。むしろ、聖書にそう書いてあるのだから信じなくてはならないとか、信じなくては駄目ですよといわれてきたので、なんだかよくわからないけれども、信じることにしておこうといった曖昧な思いを持つ方が多いのではないでしょうか。

 さて、教会にとってもっとも喜ばしい日であるイースター、けれども意外にも曖昧な捉え方をされる復活、今日は改めて復活について考えてみたいと思います。この度選んだ箇所は、今、継続して読んでいるマルコ福音書から選びました。マルコ福音書16章9~11節です。ここはご覧になっておわかりのように括弧で括られています。

 この9節から最後20節までが括弧で括られているのです。これは新共同訳聖書のはじめの解説のところにありますが、括弧括られたところは、後の時代に書き加えられたことを意味します。したがってこの部分は、マルコが書いたものではありません。マルコではない他の誰かが後の世になって書き加えたとされているのです。聖書学ではマルコ福音書というのは、16章の8節で終わっているというのが定説になっています。ですからそのことが9節以下に反映されて括弧で括られているのです。

 だとすると括弧の部分、9節以下に記されていることは、作り話なのか。信じるに値しないのかという思いになる人もいるかも知れません。わたしはそうは思いません。マルコ福音書の記者の意志を受け継いだ後の世の誰かが、マルコの意思を尊重しつつも、後に自分が知った伝承というか、実際に経験したというか、それをどうしても記さないではいられなくなって、書き加えたのではないか。そう思うのです。

 さて、16章の最初を見ると、イエスが殺されて、一切の仕事をしてはならない安息日が終わって、三人の女性たちがイエスの遺体に葬りの儀式を行うために、遺体が納められた墓に行きます。その三人とは、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメの三人でした。彼女たちはイエスの遺体が墓になかったことや天使のような存在の言葉を聞いて恐れおののいたとあるのです。

 元来のマルコ福音書はこの場面で終わっているわけです。で、括弧付きの今日の箇所に入るわけです。イエスは、週の初めの日、それも朝早く、復活して、まずマグダラのマリアに御自身を現されたというのです。前の段落の続きからすると、あれっ、おかしいなと思うことがあるのです。というのは、そもそも三人の女性が連れ立ってイエスの墓に来ていたわけです。しかし、復活のイエスはマグダラのマリアにしか現れなかったというのです。これはいったいどういうことなのでしょうか。



 この後マリアについての説明が書かれています。「以前イエスに七つの霊を追い出していただいた婦人である」というのです。イエスをめぐる女性は何人もいます。おそらくその中で母マリアを除けば、このマグダラのマリアがもっとも有名な女性だと思います。マグダラというのは地名です。ガリラヤ湖畔にあった漁業が中心の町でした。ここでは捕れた魚を加工して、海外にも輸出していたことから、諸外国の商人たちもたくさん行き交いしていた町で、当時として4万人というたくさんの人口の町です。


 いろんな人がたくさん行き交う町では、当然そうした人たちを当て込んだ様々な商売や仕事が生まれます。そういうことでここは水商売の女性や娼婦もたくさんいたといわれています。このような状況もあって、イエスによって悪霊を追い出してもらったこのマリアは、娼婦だったのではないか。そういう解釈をする人がたくさんいます。もちろんほんとうのところはわかりません。

 だだ、たしかなことは、七つの霊に取り憑かれていたということ、これは並々ならぬ酷い状態にあったということです。いや、もっというなら、人格を破壊され、必要ない者として弾かれ、絶望的な状態にあった。生きる気力もなかった。それが七つの霊に取り憑かれていたと表現された内容ではないでしょうか。

 もし彼女が娼婦だったとすれば、人格が破壊してしまうほど自分の身体を売らないと食べていくことができない。そういう悲しい女性だったのではないか。身も心もボロボロになって、涙さえ出てこない。楽しいことがあっても微笑むことすらできない。そんな状態に貶められていた、それがマグダラのマリアという人だったのではないでしょうか。

 そのマリアにイエスは現れたというのです。他の誰でもないこのマリアだけになのです。今日の説教題を「包み込んだ」としました。これはマリアにイエスが御自身を現されたというところの「現された」という言葉をイメージしたものです。わたしはこの「現された」を「包み込んだ」、イエスがマリアを包み込んだというように感じたのです。

 時は朝早くです。夜が明けて太陽が昇ってきます。こんな状況に身を置くとどんな感じでしょうか。夏場でも早朝はひんやりとして少々肌寒い、冬場なら震え上がるような状態です。そこへ太陽が昇ってくる。明るく暖かい日差しが射し込んでくる。そういうときわたしたちは太陽の光に包まれていると感じるのではないでしょうか。あるいは暖かくてホッとしたというか安心したというか、そんな感覚を覚えるのではないでしょうか。


 復活のイエスがマリアと出会っているこの状況が、歴史的事実として具体的にどのようなものであったか、それを知る術はありません。しかしそんなことはそれほど大切ではないと思うのです。過酷な人生を過ごしてきたマリア、人格も破壊され、世間からは必要無い存在と罵られ、ただ男の慰み者としてしか生きられなかったマリア、そのマリアに、他の誰でもないマリアにイエスは現れた。イエスはマリアを包み込んだ。マリアはそのことをたしかに経験した。それが大切なことではないでしょうか。

 さらにいうと、マリアを包み込むイエスは復活のイエスです。多くの者は復活のイエスを「勝利のキリスト」と表現します。死に勝利したキリストだということです。それもいいでしょう。でもわたしはそれだけではないと思うのです。復活のキリストは、十字架で無残に殺されたイエスです。まさに人格を破壊され、必要なき者と罵られ、棄てられたイエスです。そのイエスがマリアを包み込んでいる。マリアの悲しみも、絶望も、涙も、彼女と同じように人格を破壊され、棄てられた、必要がない者とされたイエスが包み込んでいるのです。

 そこにあるのは、全能の力で上から救いあげるようなイエスではない。勝利のキリストと崇められた栄光のイエスではない。まさにご自分もボロボロになってしまったその有様で、虫けらのように棄てられたその姿で、いやだからこそ、マリアの絶望にほんとうに寄り添えるそのあり方で、イエスはマリアを包み込んだのだ。人智では計り知れない何かが起こったのだ。それが神の愛ということなのかも知れません。

 さてマリアは、イエスと一緒にいた人々が泣き悲しんでいるところへ行って、このことを知らせます。しかし彼らは、イエスが生きておられることも、マリアがそのイエスを見たということも信じなかったというのです。これはどういうことなのでしょうか。それは、この人たちは実際に体験したのではないから当然だという解釈が一番わかりやすい。しかしそれだけでしょうか。


 彼らはイエスが殺されて悲しんでいるのです。泣いているのです。最愛の人に先立たれたのです。そんなときわたしたちは平常心ではいられない。嘆き悲しみます。それが普通の姿です。正常な姿です。そこにマリアがやって来た。おそらくマリアの表情は微笑みを湛えた、安心した落ち着いた幸福な表情だったと思います。泣き崩れるのが当然なんだ。それが正常な者の態度なんだというそこで、一人マリアが微笑んでいる。安心している。それは彼らにとって異常なこと、普通ではないと思えたのは当然ではないでしょうか。

 あるいは、マリアが復活のイエスに出会った体験を話しても人々は信じなかったというのは、教会が成立した後のマリアのおかれた状態を示していたのかも知れません。あの女は所詮、娼婦ではないか。いかがわしい罪深い女ではないか。あんな女の言うことなど信じられようか、あいつは正常ではないんだ。そんなマリアに対する否定的な状況というか弾かれた状況というか、それが、この部分にこういう形で表現されているのではないでしょうか。


 しかし、この箇所を書き加えた誰かは、マグダラのマリアを知っていた誰かだと思います。人格を破壊されるほど貶められ、絶望していたマリア、生きる気力のかけらも持ち合わせていなかったマリア。しかしそのマリアが顔を上げて生き生きとその後の人生を生きていった。その姿に、これを書き加えた誰かは、イエスがたしかに復活されたことを信じたのではないでしょうか。

 だからどうしてもこのことを書き加えなくてはならない。たとえ括弧付きでも末尾であっても残さないではいられない。そう思ったのではないでしょうか。でもそのおかげで、2000年以上も時を経たわたしたちがこれを読むことができるのです。その意味で、マグダラのマリアは永遠にこの世界に刻み込まれたのです。これこそまさにマリアの復活ではないでしょうか。


 わたしたちも、ここで記されているこのマリアの体験、それは文章ではほんの数行しかない小さなものです。しかし、目を懲らして行間を読みながら、少しでもマリアの心境に心を寄せながら読んでいくとき、必ず感じることがあると思います。

 それは、人格を破壊され、棄てられたイエスだからこそ、このわたしの悲しみも辛さも絶望も包み込んでくださっているのだ。安心していいのだ。大丈夫なんだということではないでしょうか。それをわがこととして感じるならば、信じられるならば、それは、他でもない、このわたしのイースター。このわたしの復活になるのではないでしょうか。



[PR]
by buku1054 | 2015-04-05 13:01 | 礼拝メッセージ | Comments(0)