キース・リチャーズ

わたしの好きなミュージシャンの一人に、キース・リチャーズという人がいます。
イギリス出身のロックバンド、ビートルズと並ぶ「ローリング・ストーンズ」のギタリストです。

彼は破天荒な人です。麻薬に溺れ、人生を棒に振るかのような生活もしました。

多くのロックミュージシャンが麻薬で命を落とす中で、彼は生き延びました。

それは、彼の音楽にかける情熱だったと思います。

キースは、右手にドクロリングをつけています。

一般的に見たら趣味が悪いといわれるでしょう。

しかしキースは、なぜドクロのリングをつけているかについてこう述べています。

「人間一皮むけば皆同じ、自分への戒めにしている」。

誰もが皆尊い存在。しかし、頭ではわかっていても、現実にはそのことに反したことを考えたり、行っている。

だからこそ、

自分への戒めにしなくてはならない。

そんなキースの思いを感じます。




[PR]
by buku1054 | 2015-06-27 15:23 | その他 | Comments(0)
<< 2015年7月5日坂下教会礼拝... 2015年6月28日坂下教会礼... >>