キリスト教

キリスト教は、2000年前に生きたナザレのイエスという人物を、救い主(キリスト)と信じる宗教だ。

そこでは、イエスの十字架の死が、人類の罪を贖うことであり、復活が死に勝利したということを信じることである。

ならば、イエスの生前の生き様は意味をなさなくなるのではないか。

イエスの生き様が十字架へとなっていった。そうすると、十字架と復活という教義はどうなるのだろうか?

キリスト教って難しいね?!



[PR]
by buku1054 | 2015-02-07 16:25 | その他 | Comments(0)
<< 2015年2月8日坂下教会礼拝... イスラム国 >>